ボートレーサー(競艇選手)2次試験に持って行くと便利な物を紹介

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

以前ボートレーサーを目指していて、2次試験を3回受験しました。

2次試験はボートレーサー養成所に泊まり込みで行われるので、準備が必要です。

今回は、僕の実体験から、2次試験にあると便利な物を紹介します。

2次試験で必要・不必要な物

1次試験の合格通知と共に、2次試験で必要な物、不必要な物が記載された用紙も送られてきます。

その用紙にはこんな感じで書かれています。

必要な物
  1. 受験票
  2. 3次試験受験料(3000円)
  3. 健康保険証のコピー
  4. 筆記用具、ノート
  5. 洗面具、タオル、下着、パジャマ、靴下など
  6. トレーニングウェア(上下1セット)
  7. 運動靴(屋外用1足、屋内用1足)
  8. 本籍の記載ある住民票
  9. ペアボート操縦試験申込書
不必要な物
  1. 各種書籍、雑誌類
  2. ipodなどのオーディオ機器
  3. 飲食物
  4. 各種ゲーム機器及びカメラ
  5. 薬品類、コンタクトレンズ

2次試験を受けて感じた必要な物

送られてくる用紙には書いてありませんが、実際に2次試験を受けて僕が感じた必要な物を紹介します。

耳栓


耳栓は必ず持っていきましょう。

2次試験は10人1部屋で寝るので、いびきがうるさい人がいたら全く寝れません。

初2次試験の時、いびきがうるさすぎる人がいて全く寝れず、次の日の試験のコンディションが最悪だった覚えがあります。

10人いたらいびきがうるさい人って1人はいますからね。笑

耳栓は絶対持っていきましょう!

小銭入れ


2次試験は、飲み物は自分で自動販売機で買わなければなりません。

試験の前に財布は預けるので、必要な分だけお金を別の入れ物に入れておきましょう。

小銭入れやポーチがあると便利です。

2次試験を受けて感じた不必要な物

続いて、不必要な物を紹介します。

スーツ


2次試験に合格したら、3次試験の面接があります。

初試験の時は、「面接と言えばスーツ」だと思って持っていったんですが、必要無かったです。

10人に1人くらいはスーツを持ってきているんですが、ほとんどの人が面接はジャージで受けます。

スーツを持っていくと荷物が増えてしまうので、持っていかないことをおすすめします。

まとめ

2次試験であると便利な物を紹介させて頂きました。

とにかく”耳栓“だけは絶対に持っていきましょう!

あと言い忘れましたが、一番必要なのは「試験に合格してボートレーサーになるという気持ち」です!

ボートレーサー2次試験を受ける方は頑張ってください!