ボートレーサーを目指していた時に僕がしていた視力回復法

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

以前ボートレーサーを目指していて、視力が1.5から0.8に落ちたことがあります。

僕は昔から視力が良くて、

キシレッチマン
視力なんて絶対落ちないだろ!

と思っていたので、視力が落ちた時はかなり焦りました。

そんな中、様々な視力回復法を試し、元の1.5まで回復しました。

今回は、僕が行っていた視力回復法をご紹介します。

なぜ視力が悪くなるのか


諸説ありますが、

  1. PCやスマホの使いすぎで目が疲労する
  2. 近くの見すぎでピントが合わなくなる
  3. 目に必要な栄養不足
  4. 遺伝

などが要因と言われています。

僕は、仕事柄、1日中PCを使う場合もあるので、視力が落ちたのだと思います。

僕が行っていた視力回復方法

紹介していきます。

蒸しタオルで目を温める

蒸しタオルで目を覆い、1分間くらい温めます。
目を温めることによって、血流が良くなり疲労が取れます。

安眠効果もあるので、寝る前に行うのがおすすめです。

これを行った後にスマホをいじると、疲れが溜まってしまうのでやめましょう。

蒸しタオルの作り方
  1. タオルを水で濡らします
  2. 電子レンジに入れ、500Wで1分間程度温めます
  3. 完成です

暇があれば遠くを見る

日常生活の中で、意識して遠くを見ることって中々無いと思うんですよ。

それが原因で目のピントが合わなくなって視力が落ちている場合が多いです。

僕は通勤時や、仕事の休憩の時に暇があれば遠くを見ていました。

ブルーベリーサプリを飲む

ブルーベリーを食べると視力が良くなる」ってよく聞く話ですよね?

ブルーベリーサプリには、目の疲労を軽減する”アントシアニン“とブルーライトなどから目を守ってくれる”ルテイン“が含まれています。

僕は毎朝サプリを飲んでいましたが、飲んでからは視界がぼやけることが減りました。



ビジョントレーニングを行う

2次試験対策でビジョントレーニングを行っていたのですが、ビジョントレーニングを行うと視力が良くなるという話もあるのです。

ボクシングミドル級世界チャンピオンの村田諒太選手も、ビジョントレーニングを行うことによって視力が1.0から2.0に上がったそうです。

アスリートになるなら不可欠!スポーツビジョンとは

2018.03.25

どうしても視力が回復しない人はレーシック

遺伝や視力が悪すぎてどうしようもない方は、レーシックをするのも有りです。

実際、ボートレーサー2次試験で会った人の中にはレーシックをしている人も結構いました。

まとめ

僕がしていた視力回復法についてご紹介させていただきました。

キシレッチマン流視力回復法
  1. 寝る前に蒸しタオルで目を温める
  2. 暇があれば遠くを見る
  3. ブルーベリーサプリを飲む
  4. ビジョントレーニングを行う

視力が低下して悩んでいる方は是非一度試してみてください!