【GoPro】リボンが取れてバッテリーが抜けない!対処法をご紹介

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

先月GoPro HERO7を購入したのですが、早速リボンが取れてバッテリーが抜けなくなりました。

同じような状態で困っている人のために、対処法をご紹介します。

GoPro HERO7として紹介しますが、HERO5・HERO6もバッテリーは共通です。

バッテリーのリボンとは

画像の丸枠で囲われているのがリボンです。

通常ならバッテリーに付いていて、GoPro本体からバッテリーを抜くときに引っ張る部分です。

今回、バッテリーを抜こうとしたら取れてしまい、GoPro本体からバッテリーが抜けなくなりました。

リボンが取れたら精密ドライバーで取り出そう

爪で取ろうとしたり、本体を揺らしたり、色々試したのですが、最終的に精密ドライバーを画像のように引っ掛けて、取りました。

精密ドライバーを凹みに引っ掛けて、左右上下に動かすと取れます。

取れたのはハッピーですが、リボンが無い状態でまたGoProに装着したら取れなくなってしまいます。

そのための対処法もご紹介します。

セロハンテープを使ってリボンを作ろう

なんと、セロハンテープを使うことによって、リボンを作ることができます。

手順をご紹介していきます。

セロハンテープを長めに切る

まずは長めにセロハンテープを切ります。

GoProのバッテリーに貼る

画像のように、側面にセロハンテープを貼ります。

中央で折ってリボンを作る

中央で折って、リボンを作ります。

以上で、セロハンテープを使ったリボンの完成です!

セロハンテープリボンの効果

Gopro本体にはめるとこのようになり・・・

引っ張ると、あっさり抜けました!

セロハンテープ、おそるべし!!

まとめ

GoProバッテリーのリボンが取れたときの対処法をご紹介させていただきました。

GoProのリボンは意外と取れやすくて、困ります。

リボンなしで本体にはめてしまった場合は精密ドライバーを、自作リボンを作る場合はセロハンテープを使いましょう!

同じような状態で悩んでいる方は、ぜひ試してみてください!