デトックス作用で身体の内側を綺麗にしよう!岩盤浴の効果と正しい入り方

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

温泉が大好きな日本人のみなさん、岩盤浴はお好きですか?

僕は週に1回サウナに通っていますが、たまに岩盤浴に行きます。

岩盤浴ってサウナと違って身体の内面から温めてくれるので、デトックス作用が働くんです!

今回はデトックス作用抜群の岩盤浴について説明します。

岩盤浴とは

温めた天然石や岩石を加工したベッドの上で横になって汗をかくサウナ形式の風呂の一種で、
「お湯の要らないお風呂」などとも呼ばれています。

室温45度前後、湿度60~80%前後に設定された温かな部屋に寝るだけで、心地よく汗をかけるという施設です。

岩盤浴の効果

紹介していきます。

デトックス作用


岩盤浴の一番の魅力は「デトックス作用」です。

デトックス作用とは、身体の毒素を排出する作用のことをいいます。

身体にたまった毒素は(有害金属や農薬等の化学物質)汗でしか排出できないのです。

身体の芯から温める岩盤浴を行うことによって、皮脂腺が開き、汗と共に毒素が排出されるのです。

この皮脂腺は日常生活ではなかなか開きにくく、マラソンで30km、エクササイズで2時間とかなりハードな運動が必要になるんです!

岩盤浴なら寝ているだけでデトックス作用が働くので素晴らしいですね。

美肌効果


デトックス作用で皮脂腺から出された汗には、美肌効果があるのです。

皮脂腺から排出された汗は、ベタベタではなくサラサラなんです。

このサラサラな汗は「天然化粧水」と言われており、美肌を作るのに最適と言われています。

岩盤浴が終わった後は、シャワーを浴びないのがおすすめです。

ダイエット効果


岩盤浴は身体の内部から温めるので、血流がよくなり代謝が上がります。

基礎代謝が上がることにより、脂肪が燃えやすい身体になり、太りにくくなります。

岩盤浴に入る前にやってはいけないこと


ズバリ、飲酒です!

飲酒をすることで、身体は脱水症状になるので、岩盤浴に入るのは自殺行為です。

また、食後1~2時間の状態は消化の為に血液が胃腸等の消化器系へ集中しているので、おすすめできません。

岩盤浴の入り方

紹介していきます。

1.水分補給

岩盤浴を行う前に、水分補給をしましょう。

岩盤浴は大量に汗をかきます。

これから出す汗のことを考えて、コップ2杯(500ml)程度の水分を飲んで下さい。

2.うつ伏せ


いよいよ岩盤浴スタートです。

まずは10分間「うつ伏せ」になりましょう。

うつ伏せになることで、胸やお腹など、身体の全面が温められます。
そして、中心部が温かくなるとジワジワと汗をかいてきます。

3.仰向け


続いて、10分間「仰向け」になりましょう。

仰向けになることで、うつ伏せでは温められなかった背中、お尻などの身体の後方が温められ、バランスよく全身が温められます。

4.休憩


うつ伏せ→仰向けの1セットが終わったら、5分程度休憩しましょう。

汗を大量にかいているはずなので、水分補給もしっかり行いましょう。

まとめ
2~4の手順を3~4回繰り返したら、岩盤浴の終了です。

まとめ

岩盤浴はデトックス効果をはじめ、健康、美容に抜群です。

寝ているだけで効果を得られるのが一番の魅力ではないでしょうか。

岩盤浴を経験したことが無い方は、是非一度、岩盤浴に行ってみて下さい。