【2019-20】ROMEの板&ビンディング試乗レビュー!

スノーボードが好きすぎてゲレンデに家を買った、キシレッチマンです。

先日、2019-20モデルのスノボ試乗会があって、”ROME”の気になる板とビンディングを試乗してきました。

ROMEの板やビンディングが気になっている方がいたら、参考にしてみてください!

2019-20モデルで試乗したSALOMONの板

今回は、下記の板を試乗しました。

  1. AGENT
  2. NATIONAL

1.AGENT

形状 ディレクショナルツイン
横形状 ハイブリッドキャンバー
板の固さ 10段階中5くらい

昨年は発売されなかった”AGENT”がパワーアップして帰ってきました。

ミドルフレックスでハイブリッドキャンバー、板の前後にカーボンを搭載することによって反発力が強いです。

試乗した感想は、思ったより柔らかく、プレスやジブ向きの板だと感じました。

スモール〜ミドルサイズのキッカーなら安定しますが、ビッグキッカーになるとバタついて怖いかもしれません。

カービングもそこそこで、中級者向けのオールラウンド板だと思います!

2.NATIONAL

形状 ディレクショナルツイン
横形状 ハイブリッドキャンバー
板の固さ 10段階中7くらい

ROMEのオールマウンテンボード、”NATIONAL”です。

NATIONALは、海外のライダーがパークでよく使用しているのを見て気になっていました。

試乗して見た感想は、カービングはめちゃくちゃ切れるし、オーリーの反発力も高いです。

ハードフレックスなので、グラトリは難しいです。

プリントされたデザインも魅力的です。

2019-20モデルで試乗したROMEのビンディング

板を試乗するついでに、ROMEのビンディングも試乗できたので、レビューしていきます。

1.KATANA

ROMEのオールラウンド向けビンディングの”KATANA”です。

ハイバックに斜めの線を入れることによって、板のフレックスやトーションを使いやすくしています。

使ってみた感想は、足首の自由度があり、オールラウンドに使えるビンディングだと感じました。

ただ、アンクルストラップがでかくて、硬いので、取り回しがしにくかったのが残念です。

デザインはROMEならではのかっこよさがあり、おすすめです。

まとめ

2019-20モデルのROMEの板&ビンディングの試乗レビューをさせていただきました。

ROMEの板は、一部にカーボンを取り入れることによって、反発力と軽量化のバランスが良いと感じました。

ビンディングはFLUXやUNIONに比べると今ひとつかな〜というのが正直な感想です。

2019-20モデルのROME製品を買おうと考えている方は、参考にしてみてください!