【スノボオフトレ】「トランポリンハウスvivace」について紹介する

スノーボードが好きすぎてゲレンデに家を買った、キシレッチマンです、

スノーボードの好きの皆さん、「オフトレ」してますか?

先日、トランポリン施設「トランポリンハウスvivace」に行ってきました。

  • スノーボードのジャンプが上手くなりたい!
  • ジャンプの体勢で安定性が欲しい!

こんな悩みを抱えている方は、トランポリンハウスvivaceに行ってオフトレをしましょう!

トランポリンハウスvivaceとは

愛知県にあるトランポリン施設です。

純粋にトランポリンで飛ぶことを楽しむことができますし、スノーボードのオフトレをすることもできます。

トランポリンハウスvivaceのメリット

メリットはなんといっても、スノーボードでジャンプした時の空中姿勢の練習ができることです。

トランポリンは実際に飛んでみると分かりますが、体幹が弱かったり、身体の軸がズレていると、真っ直ぐに飛べません。

自分では真っ直ぐ飛ぼうと思っていても、中々飛べなくて、自分の身体の軸のズレに気づけるというメリットがあります。

また、ジャンプ施設でジャンプの練習をしても、中々余裕がなくて目線や身体の動き、クセなどを直すのは難しいです。

しかし、トランポリンなら高く跳んでいるので、空中での動きをたくさん練習することができます。

トランポリンハウスvivaceへのアクセス

名鉄名古屋本線「鳴海駅」からタクシーで約10分。

名二環「鳴海IC」または「有松IC」からお車で約5分。

ちなみに駐車場は8台しかありません。

今回は滝ノ水店について紹介していますが、春日井店もあります。

トランポリンハウスvivaceに行くための持ち物

特に必要な物はありませんが、動ける服装と着替えは忘れないようにしましょう。

スノーボードの板を借りて練習する場合は、靴下も持っていくとよいです。

初めてvivaceに行く場合の流れ

初めてvivaceに行く場合の流れを説明していきます。

電話で予約する

vivaceは意外と人気で、予約せずに当日行くと、空いてないことがあります。

事前に予約しておいた方がよいです。


料金はこちらの表のようになっています。

スノーボードのオフトレに使えるトランポリンは

  • レギュラー
  • ユーロ
  • ピット

の3種類です。

レギュラーは通常のトランポリンで、ユーロは反発力が強いトランポリンです。

スノーボードの練習をするなら絶対に反発力が強くて高く跳べるユーロがよいです

ピットは、トランポリンの隣にスポンジプールがあり、縦回転の技の練習もできるというメリットがあります。

ちなみにレンタルでこんな感じのスノーボード練習用の板を借りることができます。

店で料金を払う

店で会員登録をし、料金を払いましょう。

更衣室で着替える

2階に更衣室があるので、着替えたらトランポリンSTARTです!

2階には保護者の観覧スペースもあります。

実際に飛んでいる画像

実際に飛んでいる画像はこんな感じです。

ユーロ

ピット

まとめ

トランポリンハウスvivaceについてご紹介させていただきました。

スノーボードのオフトレは、ジャンプ施設でジャンプ台を飛ぶのもよいですが、トランポリンで空中姿勢のトレーニングをするのもおすすめです。

オフトレ施設を利用して、スノーボードシーズンに備えましょう!