大殿筋(大臀筋)のストレッチ方法とストレッチで得られる効果

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

今回は、「大殿筋」のストレッチ方法とストレッチで得られる効果についてご紹介させていただきます。

大殿筋のストレッチを行うことによって

  • 猫背
  • 腰痛
  • お尻のたるみ

などの問題が解決するかも知れません!

では紹介していきます。

大殿筋(だいでんきん)とは

殿部(お尻)を構成する殿筋で一番大きく、表面にある筋肉です。

拮抗筋は腸腰筋です。

大殿筋の役割

大殿筋の主な働き
  1. 股関節の伸展
  2.  ・足を付け根から後方へ振る動作

  3. 股関節の外転
  4.  ・足を外側に開く動作

  5. 股関節の外旋
  6.  ・股関節を外側にひねる動作

日常生活やスポーツでの働き
  • 日常生活において
  •  ・歩行や走る動作など全ての日常動作

  • スポーツにおいて
  •  ・ジャンプ、ランニングなど、股関節の伸展を伴う全てのスポーツ

大殿筋が硬い場合のデメリット

大殿筋が硬いと以下のデメリット生じる可能性があります。

大殿筋が硬い場合のデメリット
  1. 猫背
  2. 腰痛
  3. お尻のたるみ

猫背・腰痛

大殿筋は、骨盤の広い範囲に付着しています。

大殿筋が硬くなって短くなると、骨盤が後傾して猫背になってしまいます。

その結果、腰痛や椎間板ヘルニアを引き起こしてしまう可能性があります。

お尻のたるみ

大殿筋が硬くなって筋肉が凝り固まってしまうと、たるんだお尻になってしまいます。

お尻のたるみには筋トレも有効ですが、ストレッチも忘れずに行うことが大事です。

大殿筋のストレッチ

大殿筋のストレッチ方法を紹介していきます。

大殿筋のストレッチ①

1つ目のストレッチです。

手順
  1. 足を曲げて座ります
  2. 左膝の上に右足を乗せます
  3. 背中を伸ばしたまま、胸を太ももに近付けます
  4. 大殿筋が伸びていると感じる場所で体勢をキープします
  5. 息を吐きながら30秒程度行いましょう
  6. 右足が終わったら左足も行いましょう

大殿筋のストレッチ②

2つ目のストレッチです。

手順
  1. 仰向けになります
  2. 左膝を曲げ、右足を上に乗せます
  3. 左膝を抱え、身体に引き寄せます
  4. 大殿筋が伸びていると感じる場所で体勢をキープします
  5. 息を吐きながら30秒程度行いましょう
  6. 右足が終わったら左足も行いましょう

まとめ

大殿筋のストレッチについてご紹介させていただきました。

猫背・腰痛・お尻のたるみで悩んでいる方は、大殿筋のストレッチを行ってみてください。

また、大殿筋のストレッチを行う場合、拮抗筋である大腿筋膜張筋のストレッチも同時に行い、柔軟性のバランスを取りましょう。

ストレッチを行い、健康的な身体を目指しましょう!

大腿筋膜張筋のストレッチ方法とストレッチで得られる効果

2018.09.15