広背筋のストレッチ方法とストレッチで得られる効果

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

今回は、「広背筋」ののストレッチ方法とストレッチで得られる効果についてご紹介させていただきます。

硬くなっている広背筋を柔らかくすることによって

  • 巻き肩
  • 猫背
  • 腰痛
  • 肩こり

などの問題が解決するかも知れません!

では、紹介していきます。

広背筋とは

背中にある筋肉で、その名の通り広い筋肉です。

拮抗筋は大胸筋です。

広背筋の役割

広背筋の主な働き
  1. 肩関節の伸展
  2.  ・腕を後方に上げる動作

  3. 肩関節の水平外転(水平伸展)
  4.  ・水平に上げた腕を外側に開く動作

  5. 肩関節の内旋
  6.  ・脇を締めて曲げたを腕を内側に閉じる動作

  7. 肩関節の内転
  8.  ・腕を内側に閉じる動作

日常生活やスポーツでの働き
  • 日常生活において
  •  ・ドアノブを引く動作
     ・床に置いてある物を拾う動作
     

  • スポーツにおいて
  •  ・柔道やレスリングで相手を引く動作
     ・水泳で水をかく動作

広背筋が硬い場合のデメリット

脊柱起立筋が硬いと以下のデメリット生じる可能性があります。

脊柱起立筋が硬い場合のデメリット
  1. 巻き肩
  2. 猫背
  3. 腰痛
  4. 肩こり

巻き肩、猫背、腰痛

広背筋は、上腕骨の結節間溝に付着しています。

広背筋が硬くなって短くなることにより、筋肉が引っ張られて巻き肩になってしまいます。

また、巻き肩は猫背にもつながるため、猫背になって腰痛を引き起こす可能性があります。

肩こり

広背筋が硬くなると、肩を上にあげようとしても引っ張られて上がらなくなってしまいます。

その結果、肩の可動域が狭くなり、肩こりを引き起こす可能性があります。

広背筋のストレッチ

広背筋のストレッチ方法を紹介していきます。

広背筋のストレッチ①

1つ目のストレッチです。

手順
  1. 膝を立てて座ります
  2. 両手を重ね、上体を左側に倒していきます
  3. 広背筋が伸びていると感じる場所で体勢をキープします
  4. 息を吐きながら30秒程度行いましょう
  5. 右側が終わったら、左側も行いましょう
ストレッチのポイント

  • 上体を倒す方向と逆に体重をかけるイメージで行うと良いです

広背筋のストレッチ②

2つ目のストレッチです。

手順
  1. 四つん這いの姿勢になります
  2. 両手を重ね、身体を前に倒していきます
  3. 体幹を右側に回し、右肩を床に近づけていきます
  4. 広背筋が伸びていると感じる場所で体勢をキープします
  5. 息を吐きながら30秒程度行いましょう
  6. 右側が終わったら、左側も行いましょう
ストレッチのポイント

  • お尻は後ろに突き出すイメージで行うと良いです

まとめ

広背筋の作用とストレッチについてご紹介させていただきました。

広背筋は背中にある大きな筋肉で、主に肩関節の動きに大きく関係しています。

硬くなっている広背筋を柔らかくすると、巻き肩、猫背、肩こりなどの改善に繋がります。
また、広背筋のストレッチを行ったら、拮抗筋である大胸筋のストレッチも行うようにしましょう。

ストレッチを行い、健康的な身体を目指しましょう!