肩関節8種類の動きとそれぞれの名称を図を用いて説明する

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

肩関節の可動域は広い」という話を聞いたことはありませんか?

例えば人間の指の場合、「曲げる」・「伸ばす」という2つの動きしかありませんが、肩関節は8種類も動きがあるんです。

これからストレッチやトレーニングを本格的に始めたい方には、ぜひ知っておいてほしい知識です。

では、紹介していきます。

肩関節の動き

肩関節の動きは以下の8通りあります。

肩関節の動き
  1. 肩関節の屈曲
  2. 肩関節の伸展
  3. 肩関節の内転
  4. 肩関節の外転
  5. 肩関節の水平屈曲(水平内転)
  6. 肩関節の水平伸展(水平外転)
  7. 肩関節の内旋
  8. 肩関節の外旋

肩関節の屈曲

腕を前方に上げる動作です。

肩関節の伸展

腕を後方に上げる動作です。

肩関節の内転

腕を内側に閉じる動作です。

肩関節の外転

腕を外側に開く動作です。

肩関節の水平屈曲(水平内転)

水平に上げた腕を内側に閉じる動作です。

肩関節の水平伸展(水平外転)

水平に上げた腕を外側に開く動作です。

肩関節の内旋

脇を締めて曲げたを腕を内側に閉じる動作です。

肩関節の外旋

脇を締めて曲げたを腕を外側に開く動作です。

まとめ

肩関節8種類の動きについてご紹介させていただきました。

関節の動きを知ることにより、ストレッチや筋トレを行う時に、どの筋肉が作用しているのか分かるようになります。

その結果、正しいフォームが分かるようになり効率よく行えると思います。

ストレッチや筋トレに活かしてみてください!