目的に沿ったストレッチと、それぞれの効果

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

あなたはいつもどんなストレッチをしていますか?

身体を柔らかくするのが目的なのに反動をつけたストレッチをしている

そんなことはしていませんよね?

実はストレッチは目的によって種類が違うのです!

今回は、目的に沿ったストレッチとそれぞれの効果について説明します。

ストレッチとは

そもそもストレッチって何だろう?という疑問を持っている方もいらっしゃると思います。

「ストレッチ」という言葉は、1960年頃にアメリカで発表されたスポーツ科学の論文中で使われ始め、1970年代後半より急速に概念が広がったと言われています。

スポーツや医療の分野においてストレッチとは、体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすことをいいます。

筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げるほか、呼吸を整えたり、精神的な緊張を解いたりするという心身のコンディション作りにもつながるなど、様々な効果があると言われています。

ストレッチの種類

続いてストレッチの種類です。
代表的なストレッチについて紹介します。

静的ストレッチ


静的ストレッチ、別名スタティクスストレッチとも言います。

静的ストレッチは、画像の様に、可動域を限界ギリギリの状態で数十秒間キープする事を言います。

静的ストレッチには以下の効果があります。

静的ストレッチの目的と効果
  1. 各関節の可動域向上
  2. 溜まった老廃物は排出し、疲労回復
  3. 心身のリラクセーション
  4. 運動後のクールダウン

動的ストレッチ


動的ストレッチは大きな動作を行うことで筋肉を伸ばしていくストレッチです。

代表的な動的ストレッチとして、「ラジオ体操」があります。

動的ストレッチには以下の効果があります。

動的ストレッチの目的と効果
  1. 体温を上昇させる
  2. 心拍数を上げる
  3. 筋肉の可動域を広げる
  4. 運動のパフォーマンス向上
  5. ケガの予防

動的ストレッチの効果とは?運動前に行うのがベスト!

2018.04.07

筋膜リリース


筋肉や臓器、骨など身体を構成するものを包む膜のことを「筋膜」と呼びます。

筋膜に圧をかけて伸ばしてほぐしていくことを”筋膜リリース“と呼びます。

ストレッチをしても中々身体が柔らかくならない人は、筋膜が硬くなっている可能性があります。

筋膜リリースには以下の効果があります。

筋膜リリースの目的と効果
  1. 各関節の可動域向上
  2. 老廃物やセルライトを取り除く
  3. 静的ストレッチする前にすることで筋肉をほぐす

まとめ

ストレッチには目的に沿った種類があります。

身体を柔らかくしたい方や、リラックスしたい方は静的ストレッチ

運動のパフォーマンスを上げたい方は動的ストレッチ

ストレッチをしても中々身体が柔らかくならない方は筋膜リリースをしましょう!

僕は昔はめちゃくちゃ身体が硬かったのですが、筋膜リリースから始め、柔らかくなることが出来ました。

目的に沿ったストレッチを行い、健康的な身体を目指しましょう!