前脛骨筋のストレッチ方法とストレッチで得られる効果

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

今回は、「前脛骨筋」のストレッチ方法とストレッチで得られる効果についてご紹介させていただきます。

前脛骨筋のストレッチを行うことによって

  • 日常生活でつまずきやすい
  • 冷え性

などの問題が解決するかも知れません!

では紹介していきます。

前脛骨筋(ぜんけいこつきん)とは

前脛骨筋は下腿部前面にある筋肉です。

拮抗筋は下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)です。

前脛骨筋の役割

 前脛骨筋の主な働き
  1. 足関節の背屈
  2.  ・つま先を持ち上げる動作

  3. 足の内反
  4.  ・足首を内側に曲げる動作

日常生活やスポーツでの働き
  • 日常生活において
  •  ・歩行
     ・ランニング
     ・階段昇降

  • スポーツにおいて
  •  ・歩く、走る動作を伴う全てのスポーツ
     ・サッカーのキック

前脛骨筋が硬い場合のデメリット

腓腹筋が硬いと以下のデメリットが生じる可能性があります。

前脛骨筋が硬い場合のデメリット
  1. 日常生活でつまずきやすい
  2. 冷え性

日常生活でつまずきやすい

前脛骨筋は「つま先を持ち上げる動作」の役割をになっています。

筋肉が硬くなると、つま先や足が上がりづらくなり、つまずきやすくなります。

冷え性

足の先端は毛細血管で張り巡らされています。

前脛骨筋が硬くなると、毛細血管に血液が流れにくくなり、冷え性につながります。

前脛骨筋のストレッチ

前脛骨筋のストレッチ方法を紹介していきます。

前脛骨筋のストレッチ①

手順
  1. 正座になります
  2. 両手の指先をつき、上体を後ろに下げます
  3. 上体の姿勢をキープしながら右膝を上にあげます
  4. 息を吐きながら30秒程度行いましょう
  5. 右足が終わったら左足も行いましょう

まとめ

前脛骨筋のストレッチについて紹介させていただきました。

日常生活でつまずくやすい・冷え性は、前脛骨筋が硬くなっていることが原因かも知れません。

ストレッチを行い、健康的な身体を目指しましょう!