前屈ができない理由とできるようになるためのストレッチ

  • 前屈ができない理由を知りたい!
  • 身体が硬くて悩んでいる

この記事はこんな悩みのある方に向けて書かれています。

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

キシレッチマン
前屈、できますか?

僕は昔めちゃくちゃ身体が硬かったです。

どれだけ硬かったというと、前屈をしようとした時に、座っているだけでもキツかったんです。

その後、様々なストレッチを行うことによって、前屈ができるようになりました。

今回は僕の経験をもとに、前屈ができない理由について紹介していきます。

前屈とは

両膝を曲げずに座った状態から、身体を前に倒していく動作のことを言います。

前屈ができない理由

前屈ができない理由は大きく分けて3つに分かれます。

膝が曲がってしまう


1つ目は、膝が曲がってしまう場合です。

ふくらはぎの裏の筋肉の「腓腹筋」、「ヒラメ筋」が硬くなっていると膝が曲がってしまいます。

骨盤が後傾してしまう


骨盤が後傾してしまう場合です。

太ももの裏の「ハムストリングス」の筋肉が硬くなっていると、骨盤が後傾してしまいます。

身体が前に倒れない


3つ目は、身体が前に倒れない場合です。

背中の「脊柱起立筋」と骨盤まわりの筋肉が硬くなっていると、身体が前に倒れません。

前屈ができるためのストレッチ

紹介していきます。

腓腹筋のストレッチ

膝が曲がってしまう人におすすめのストレッチです。

まとめ

前屈ができない理由について紹介させていただきました。

前屈をするためには

  • 腓腹筋、ヒラメ筋
  • ハムストリングス
  • 脊柱起立筋
  • 骨盤周り

の筋肉のストレッチを行うことが大切です。

ストレッチを行い、健康的な身体を目指しましょう!