ボートレーサー試験のビジョントレーニングができる!滋賀県立スポーツ会館

健康オタクFitnessのキシレッチマンです。

以前ボートレーサーを目指していて、二次試験に3回行きました。

二次試験では、ビジョン測定といって、動体視力などの測定を数種類行います。

そんなビジョン測定ですが、同じ器具を使ってトレーニングできる施設があるのです!

その名も、「滋賀県立スポーツ会館」!

滋賀県立スポーツ会館とは

滋賀県大津市にあるスポーツ施設です。

トレーニングジムや、体育館、スポーツビジョン測定などがあります。

アクセス

〒520-0037 滋賀県大津市御陵町4-1

駅から徒歩5分くらいのところにあるので、通いやすいです。

スポーツビジョン測定

ボートレーサー二次試験で行われるビジョン測定ができます。
ちなみに、測定は予約制です。

受験生
ボートレーサーを目指していてビジョン測定をしたいです!

と電話すれば、通常より安い1400円で測定ができます。

二次試験直前になると受験生で予約がいっぱいになります。

1.静止視力

通常の視力測定です。

まずは静止視力がどの程度か把握します。

2.KVA動体視力

直進してくるものを識別する能力“を測定します。

測定方法
  1. 双眼鏡みたいな装置を覗き込みます
  2. 視力検査で使われる”C”マークが、遠くから近くに向かってきます
  3. Cマークの開いている方向が分かったらスイッチを押します

なるべく遠くで開いている方向が分かったほうが点数が高いです。

3.DVA動体視力

左右に動くものを識別する能力“を測定します。

測定方法
  1. 顔を装置に固定して、目だけを動かせる状態にします
  2. 左から右に高速で”C”マークが移動します
  3. 開いている方向が分かるまで、何周も繰り返します
  4. Cマークの開いている方向が分かったらスイッチを押します
速度が早い最初のうちに開いている方向が分かるほど点数が高いです。

4.目と手の協応動作

見たものに素早く反応する能力“を測定します。

測定方法
  1. ランダムで光るボードの前に立ちます
  2. ボードが1箇所ずつ点灯します
  3. 点灯した場所を指で押します
  4. 30回点灯したら終了です

押せた回数が多いほど点数が高いです。

5.深視力

距離の感覚、特に前後関係の識別能力“を測定します。

トラックの運転手の免許を取る際にも必要な深視力測定です。

測定方法
  1. 並んだ3本の棒から約2.5m離れた場所に座ります
  2. 真ん中の棒が前後に動きます
  3. 3本が横に揃ったと思ったタイミングでボタンを押します
3本が揃っているほど点数が高いです。

滋賀県立スポーツ会館に通うメリット

メリットはなんと言っても「試験と同じ器具を使って測定できること」です。

また、自分が苦手な種目のコツも教えてもらえます。

僕は横の動体視力がめちゃくちゃ苦手で間違えてばかりだったのですが、コツを教えてもらってからは2周目くらいで分かるようになりました。

1400円と料金が安いのも魅力的です!

まとめ

滋賀県立スポーツ会館について紹介させていただきました。

ボートレーサー二次試験で行われるビジョン測定を「試験と同じ器具を使って測定できること」が魅力です。

お値段も1400円と手頃なのでおすすめです。(艇学は高いですからね。笑)

何も知らず試験に挑むのと、あらかじめ器具に慣れて試験に挑むのでは天と地の差です。

点数を良くするコツも教えてくれるので、是非一度行ってみましょう!